【現役選手による解説】フランカーの役割と6・7のポジションのちがいについて

オンフィールド

こんにちわ。

プロラグビー選手の田淵慎理です。

私のプロフィールはコチラ↓

私のことについて【田淵慎理のプロフィール】
しんりブログ「田淵の部屋」にお越しいただきありがとうございます。このページでは私のことについて紹介させてください!!私について現在福岡県宗像市にある「宗像サニックスブルース」というラグビーチームでプロ選手として...

この記事はこんな方にオススメです!!

ファンA
ファンA

フランカーの選手って試合中何しているの?観戦しててもよくわからないよ。

ファンB
ファンB

背番号6も7もどっちもフランカーだけどちがいってあるの?

そんな疑問にお答えします。

私は実際試合でフランカーでプレーしていますので、プレーしているからこそ書ける内容になっています。

ラグビー初心者の方でもわかるようにできるだけ簡単に説明しますので、ぜひ最後まで読んでください。

この記事を最後まで読んでフランカーについて知れば、次のラグビー観戦が楽しくなりますよ!!

スポンサーリンク

フランカーとは?

しんり
しんり

背番号6と7の選手のポジションのことです。

フォワード(背番号1〜8の選手)の中のポジションのひとつ。

フォワードとは、スクラムやラインアウトといったセットプレーをするポジションの選手です。

これは豆知識ですが、6・7・8の選手3人を「バックロー」と呼びます。

フランカーの役割

アタックではチームの前進の中心に

しんり
しんり

チームの前進の中心となることがアタックでの役割です!

具体的には、ふたつのプレーがあります。

  1. ボールキャリー(ボールを持って相手に当たりにいくこと)
  2. パス

ボールキャリーでは、タックルされながらでも前進するパワフルさが必要。

つぎにパスでは、パスの技術と冷静な視野が必要です。

つまり、フランカーは「パワフルなボールキャリー」と「冷静な状況判断のパス」。

その両方を駆使してチームを前進させる存在と言えます。

ディフェンスではハンターのように敵とボールを狙う

しんり
しんり

ハンターのように常に敵ボールを取り返すチャンスを狙っています!

フランカーはボールを狙うハンターです笑

具体的なプレーは次のふたつ。

  1. タックル
  2. ジャッカル(相手選手からボールを奪うプレー)

ラグビーは、ルール上攻撃回数が決まっていません。

なので、ディフェンスはどこかの場面で相手ボールを奪い返す必要があります。

その役割の中心となるのが、フランカーです。

的確なタックルで相手のアタックを止めたり、相手のサポートが遅れていれば、ジャッカルでボールを奪います。

つまり、フランカーはディフェンスのとき、常に相手のスキを狙っているハンターのような存在というわけです。

背番号6と7のちがいは得意分野のちがい

ここでこんな疑問がでてくるかもしれません。

ファンA
ファンA

フランカーの役割は分かったけど、背番号6と7はどうやって決めているの?

結論から言うと

しんり
しんり

得意分野のちがいです!

これが私の考えになります。

つまり、

  • 6はアタックが得意な選手
  • 7はディフェンスが得意な選手

というふうに考えてもらっていいんじゃないかと。

さらにそれぞれの特徴を詳しくまとめると下記のようになります。

フランカー6の特徴

  • アタックが得意
  • 高身長
  • ロック(4・5)ができる選手もいる
  • アタック力があるので8番でプレーする選手もいる
  • ラインアウトでジャンパーとして活躍

主な有名選手

※ワールドカップ日本大会時のポジションを参考にしています。

リーチ・マイケル(日本)

日本ラグビーのキャプテンといえばこの人。

マイケルリーチ【ジャパンの大黒柱】凄いプレー集

姫野和樹(日本)

日本代表では、4・5・6・8といったポジションで活躍。

姫野和樹の凄いプレー集【世界への挑戦】

ピーター・ステフ・デュトイ(南アフリカ)

身長2メートル超えで器用さもある選手。ロックでもフランカーでも活躍。

【2019年世界最優秀選手】ピーター = ステフ・デュトイ 特徴解説 Pieter steph DuToit, the best player in the world in 2019ーtribute

フランカー7の特徴

  • ディフェンスが得意
  • ジャッカルが得意
  • 1試合のタックル回数がかなり多い
  • キャプテンの選手が多い

主な有名選手

リッチー・マコウ(ニュージーランド)

世界最強のニュージーランド代表のレジェンド。ニュージーランドのキャプテンといえばこの人。

Richie McCaw Tribute – "Mighty All Black"

マイケル・フーパー(オーストラリア)

オーストラリア代表で若くからキャプテンに。オーストラリアの7番といえばこの人。

【オーストラリアの闘将】マイケル・フーパー 特徴解説 Michael Hooper, the captain of Australia – tribute
スポンサーリンク

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

  • フランカーの役割
  • 背番号6と7のちがい

これらは分かっていただけたと思います。

ちなみにこの内容は私自身の個人的な感覚になります。

チームによっては、ディフェンスが得意な選手を6と7両方に起用してディフェンス重視でチームを作ることもありますし。その逆もあります。

あなたのスキなチームはどんな選手がフランカーで出場していますか?

しんり
しんり

次回のラグビー観戦では、今回の内容を思い出してフランカーに注目してくださいね!

では、よいラグビーライフを!

コメント

  1. より:

    本当に分かりやすくて素晴らしい!ラグビー観戦が更に楽しくなりますね!

  2. 川村 芳弘 より:

    とても分かりやすかったです❗️ありがとうございます❗️6番がアタックが特異な選手で7番がディフェンスが特な選手を選ぶ理由が知りたいです❗️試合中のスクラムで6番と7番が入れ替わっている時がありますが、この戦術の意図が知りたいです❗️機会がありましたら解説よろしくお願いします❗️

    • コメントありがとうございます!!
      7番の選手はオープンサイドフランカーと呼ばれています。その理由は、スクラムからのディフェンスのとき、広いオープンサイドを守る技術が必要だからです。ですので、常に7番の選手がオープンサイドになるようにサイドを入れ替わります。

タイトルとURLをコピーしました