宗像サニックスブルース対マツダスカイアクティブス広島 いよいよトレーニングマッチスタート!!試合の注目ポイント3つを紹介します 

試合解説

こんにちは。

宗像サニックスブルースの田淵慎理です。

プロフィールはこちら↓

さて、いよいよ2021〜2022シーズンのトレーニングマッチがスタートします。

初戦の対戦相手はマツダスカイアクティブス広島。

試合メンバーはコチラ↓

宗像サニックスブルース公式HPより

試合観戦などの詳細については宗像サニックスブルース公式サイトをご覧ください↓

10/23 プレシーズンマッチ、マツダスカイアクティブズ広島戦のご案内|トピックス
10/23 プレシーズンマッチ、マツダスカイアクティブズ広島戦のご案内|トピックス|宗像サニックスブルースのオフィシャルサイト。ブルースの最新情報、メンバー紹介、試合速報などを掲載。

また、その他試合情報については、コチラの記事でチェックしてください。↓

今回の記事では、

試合の注目ポイントについて個人的な意見を紹介します。

観戦予定の方は観戦の参考に。

また、観戦するつもりのない方は、この記事をきっかけに観戦したいと感じてもらえるとうれしいです。

オンライン配信がありますのでそちらでの観戦も可能となってます。

では、解説していきます。

スポンサーリンク

①新しいブルースがチームとしてどんなプレーをするか?

自分も含めて、昨シーズンから大きくメンバーが入れ替わっているサニックスブルース。

チームのプレースタイルは大きく変わっていません。

その中で、アタックやディフェンスの部分で変化したところもあるようです。

それは、今年のチームの方針、「日本人選手を育成してチームを強化していく」という部分に関係しているのかもしれません。

リクルートを見返してもらえると、強化と勝利の両方を意識していることが感じれるんじゃないかと思います。

そんな新しい宗像サニックスブルースの初戦。

昨年からサニックス所属していた選手はチームのラグビーをよく理解して引っ張ってくれています。

コカ・コーラから来た選手たち。チーム解散の騒動を乗り越えた選手たちの強いつながりを感じます。

ぼくのように他のチームから移籍してきた選手は、それぞれの持ち味を出して、チームのアクセントになることが期待されているはず。

いろいろな境遇の選手が集まっている今年の宗像サニックスブルース。

チームの文化としてあるランニングラグビーはそのままに、新しいサニックスがチームとしてどんなプレーを目指しているのか。

まだ初戦ですが、グランドでいいプレーをして新しいサニックスを表現していきたいです。

②試合の苦しいときに身体を張れる選手がいい選手

みなさんが思ういい選手とはどんな選手でしょうか??

トライをとる選手?スキルが高い選手?

人それぞれ違うと思います。

ぼくの考えるいい選手の定義は、試合の苦しい場面で身体を張れる選手。

ぼくにとって、このチームはほとんど一緒にプレーしたことがない選手ばかり。

ここまで数ヶ月一緒に練習してきました。

その感想はいい選手が多いという印象。

しかし、個人的には、ほんとうにいい選手かどうかは試合でしか分かりません。

試合の厳しい場面でチームのために体を張れる選手こそが、まちがいなくいい選手だからと考えているから。

まずは、自分がそんな選手になれるように精一杯プレーします。

③どれだけ自分の持ち味を出してプレーできるか?

田淵の得意なプレーは、タックルとジャッカル。

これまでもこだわってプレーしてきました。

新しいチームになって、ディフェンスシステムも前のチームと変わっています。

そんな中で、新しいシステムに対応しながらも自分の持ち味を出していきたい。

そのイメージは練習でずっと準備してきました。

最初はうまくいかない場面もあるかもしれません。

しかし、そのためのトレーニングマッチ。

自分の持ち味を出すためにチャレンジして、失敗したところは修正していく。

そうやって成長して、レギュラーシーズンにむけて準備していきます。

まとめ 

明日の試合の注目ポイントは3つ。

  • 新しいブルースがチームとしてどんなプレーをするか?
  • 試合の苦しいときに身体を張れる選手がいい選手
  • どれだけ自分の持ち味を出してプレーできるか?

いろいろ書きましたが、いちばん大切なことはラグビーを楽しむこと。

試合も半年ぶり、1年ぶりというような選手が多く、みんな試合したくてウズウズしているのを感じます。

試合後のふりかえり記事を書くのが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからも試合の前後に記事を書いていきます。

試合観戦とともに、楽しんでもらえるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました